絶対に忘れてはいけない物

Category ドイツ, 旅行

今日はレンタカーを借りて古城街道(ドイツ語で「Burgstrasse」、英語で「castle road」)を走るつもりです。

さらばハイデルベルク

休日の朝だからか、ホストさんはまだ寝ています。

昨夜、チェックアウトの時間を伝えた時に、
「チェックアウトの時に俺がまだ寝てたら、鍵を置いていってくれればいいよ」
という話でした。
感謝の書き置きと共に、鍵を部屋に置いてマンションを出ます。

レンタカー屋での挫折

路面電車に乗って、レンタカー屋さんを目指します。

30分以上早く着いてしまったので、周囲の道路を歩き回りながら、運転のシミュレーションを綿密に行います。
そうこうしている間に、無性にトイレに行きたくなってきました。

しかし、休日の早朝のため、お店はどこも開いていません。
トイレの少なさと有料制は、ドイツ観光の最大のデメリットです。

立ち小便してしまっては日本の恥、という気持ちの一心で尿意を必死にこらえながら、レンタカー屋さんの開店を待ちます。
開店時間とほぼ同時に入店しましたが、すでにお客さんでいっぱい。

10分程待っていたら、順番が来ました。
『三日前に予約した者です』
と、カウンターの方にお伝えします。

パスポートと国際免許を渡しましたが、
「日本の免許証も出してください」
と言われます。

ヤバイです。
日本の免許を持ってきたかどうか、覚えていません。

財布やカードケースを一通り探しましたが、見つかりません。

『日本に忘れてきたかもしれません』
と伝えると、
「それじゃあ、車は貸せませんね」
という話になりました。

なんということでしょう。
随分と道順の下調べやシミュレーションに時間を費やしましたが、あっさりと無駄な努力となりました。
キャンセル料を請求されなかっただけ、まだ良かったかもしれません。

切符を買う

今日を含む三日分の宿は既に予約しているため、とにかく移動しなければなりません。

とぼとぼと駅まで歩き、電車の切符を購入します。
4時間近い旅になるため、席に座れないのは困ります。指定席(4.5ユーロ)を購入します。

電車の時間まで1時間以上あるので、駅のコーヒー屋さんで一杯飲みます。
レンタカーの失敗が尾を引いていますが、終わってしまったことは仕方ありません。
初めてのドイツでの運転に緊張していた事も確かだったので、気が楽になったと思うことにします。
もしかしたら、今日は車に乗るな、という天啓かもしれません。

その後ふと思い付き、カバンの底にしまってある、日本円が入っている袋をまさぐってみます。
すると、日本の免許証が出てきました!

しかし、既に車に乗る気持ちは失せてしまっています。
電車賃の払い戻しやら、レンタカーの再予約やらを考えると、レンタカーの旅に戻すのは面倒です。
別の都市でレンタカーを借りて、ドイツでの運転に少しでも慣れるくらいでいいや、と思うことにしました。

シュトゥットガルト、アンスバッハ、シュタイナッハで乗り換えます。
全部で四本の列車を乗り継ぎます。
20150525_000
この写真はどこの駅だろう。もはや覚えてもいません。

昼食は、シュトゥットガルトでサンドイッチを買って車内で食べます。
しかし、後ろの席の人の体臭がキツく、サンドイッチの匂いと渾然一体になり気持ち悪くなってきました。指定席なので移動もできません。
指定席にもこんなデメリットがあったとは知りませんでした。
ドイツの男性は、体臭がキツイ人か、香水がキツイ人しかいないような気がします。

途中のアンスバッハでは、5~6人くらいの子供を連れた親子が乗って来ました。
大家族バックパッカーです。
こんな旅行の仕方もあるのか、とちょっと羨ましく思いました。

途中で雨も降ってきました。
「なんだ、レンタカーに乗らなくて良かったじゃないか」
と、負け惜しみを心の中で言ってみます。

観光客よ、これが中世だ

ローテンブルクに到着しました。
20150525_003

駅前はしょぼい感じですが、城壁の中に入っていくとまあ素敵。
20150525_010

20150525_011

20150525_013
中世の城下町がそのまま残っているような場所です。

昔の衣装を着た人たちが大勢います。
20150525_012

20150525_006

20150525_008
音楽もそこら中から聞こえてきます。

町中には、日本語でのディスプレイも多数見かけます。
20150525_024

20150525_029

宿にチェックイン

宿は市役所前の広場のすぐ近く。
20150525_016
「Gasthof Goldner Greifen」というホテルです。

一泊54ユーロと安い方です。
レストランの上階が宿になっているようです。

受付のお姉さんが伝統的民族衣装を着ていたので、
『祭りの日なのでその衣装なのですか』
と訊いたら、
「いつもこれよ」
とのお話。
宿の制服のようです。

部屋は、屋根裏の隠し部屋みたいなところですが、バスルームとテレビはあります。
20150525_014
部屋は、WiFiがぎりぎり届くか届かないかの範囲だったので、あまりネットはできませんでした。
ネットよりも街を見ろ、という事なのかもしれません。

街を歩く

荷物を置いて、町の散歩へ。
庭園やら、城壁からの見晴らしやら、町並みやら、非常に風光明媚な場所です。
20150525_017

20150525_022

20150525_023

20150525_025

20150525_034
旅行者の人気も高いはずです。
スーパーやコインランドリーは見かけませんでした。観光メインの場所なので当然でしょうが。

歩き疲れたので、適当な喫茶店でケーキセットをいただきます。

「マイスタートルンク」(酔っ払い名人)

そのあと、夕食の時間まで再度散歩します。
すると、市役所前の広場に何やら囲いができているではありませんか。
20150525_039
こちとら時間は死ぬほどあります。
何が起こるのかも知りませんが、待ってみます。
徐々に観客が集まってきます。
20150525_040

19時ごろ、パレードが始まりました。
20150525_041
「コスプレ」+「よさこい」+「マーチングバンド」に、動物が加わったような雰囲気です。
20150525_048

20150525_051
なかなか陽気で派手な祭りです。
※翌日、宿のフロントの人に訊いたところ、「マイスタートルンク」(酔っ払い名人)という祭りだと判明しました。

漫画喫茶もレンタルビデオ屋もPCも無かった時代は、娯楽と言えば着飾ったり祭りをしたりする事だったのでしょう。
20150525_058

20150525_053

20150525_055
これは見ているだけで面白いです。

パレードが終わりに近付いてきたっぽいので、夕食を食べにドネルケバブ屋さんに行きます。

本日も終了です。