マルメ(トリアンゲルン)の街歩き

今日は特に予定はありません。
昨日の疲れを癒しつつ、明日以降のプランを練ります。

朝起きて、昨日買っておいたパンとチーズとハムを食べます。
2階のカイさんはまだ寝ているようです。

サムソ島で「サステナブル・フェスティバル」があると知る

なんとなくサムソ島のサイトを見てみます。
samso-island
サムソ島とは、島で使うエネルギーの100%を再生エネルギーで賄っているデンマークの島です。
参考:サステナブル・ジャーニー

訪問しようと思っていたエネルギー環境事務所が、6/16から8/20の間しか営業していないようでガッカリしましたが、その代わり「サステナブル・フェスティバル」(持続可能性祭)なるものが、本日と明日(6/6~6/7)行われていることを知りました。
sustalnable-festival

これは行かなくては。
交通手段をリサーチします。

「カルンドボルグ」という場所からフェリーが出ているようです。
明日はストックホルムかオーデンセに行ってみようかと考えていましたが、予定を変更しサムソ島に行くことにします。

洗濯機

10時半ごろ、カイさんが起きてきました。
何やら洗濯機を動かしているようです。
明日、洗濯をしたいので質問してみたところ、
「洗濯しておいてやるよ」
と言われました。

日本人的条件反射で、
『いいよ、いいよ、自分でやるから』
と言いそうになりましたが、ここは異国。
素直にお願いしました。
ただし、明日はカイさんは外出が早いらしいので、朝7時くらいでいいか、とのこと。

もちろん、と答えます。
こちらも、明日は朝8時ごろには宿を出なければいけません。

カイさんは、レストランで働いているため、お休みが不定期だそうです。

明日の目的地のリサーチが終わったので、ドイツ語を勉強します。

13時半ごろ、昼飯を食べます。
ドイツで買っておいたカルボナーラです。
玉ねぎ・レタス・トマトのサラダも一緒に食べました。

街の探索

ランチの後、借りた自転車で街の探索に向かいます。
20150611_017

当然のことながら、スウェーデンではドイチュ・テレコムのモバイル通信は使えません。
オフラインデータが残っているため、地図自体は見ることができましたが、現在地の確認ができません。
ドイツにいた時は現在地を確認するのに携帯が非常に役立ちましたが、スウェーデンではあくまでも目安程度です。

20150606_000
街中はこんな感じ。

道に迷ったので、自転車を置いて歩くことにします。
バスの路線図を見てみましたが、さっぱり分かりません。
20150606_002

適当に歩いていたら、カラフルな円形のカッコイイ建物がありました。
20150606_003
立体駐車場のようです。

両替屋さんは土曜日もやっていました。
20150606_004

20150606_005
両替すべきかどうか迷いましたが、 次にスウェーデンに来るのが何十年後か来世かも分からないので、やめておきました。
ノー・キャッシュ(クレジットカード)で最後まで通してやろうと思います。

途中、グスタフ・アドルフ広場なる道に遭遇しました。
三十年戦争の英雄、グスタフ=アドルフのことか!
と、ひとり感動しました。
※参考:マンガみたいなすごいヤツ(03WEB)

20150606_006
運河の周りで休憩している人たち。

20150606_007

20150606_008
墓地。

20150606_013
色づかいのオシャレなマンション。

20150606_012
トリアンゲルン駅前の教会。

自転車でコケる

トリアンゲルン駅の位置関係を確認できたので、さて宿に戻っておやつでも食べるか、と思い自転車にまたがったら、ド派手にずっこけました。

バス停の近くだったので、大勢の人に見られました。
何事も無かったかのように、そのまま自転車に乗って立ち去ります。
あー、恥ずかしい。
ケガが無くて良かったです。

宿のホストさんから借りている自転車は、さすがのスウェーデン人仕様。
サドルが非常に高く、股下の短い私にはマトモに乗りこなせません。
それでも、バス代の節約になるのでありがたく使わせてもらっています。

宿の写真を追加で撮影。
20150606_014

20150606_015

20150606_016

20150606_017
庭が広いのは素敵です。
ただし、これだけ広いと草刈りの手間もかなりのものでしょう。

夕食は、ドイツで買っておいた「出前一丁」四川風の袋ラーメンに、ひき肉と玉ねぎとニンニクを醤油で炒めた具を乗せて食べました。

本日も終了です。