ハンブルグ博物館、聖ミカエル教会

Category ドイツ, 旅行

ハーブルク(Harburg)でお世話になった宿ともお別れです。
今夜はハンブルク(Hamburg)市街のホテルに泊まるので、ハンブルクの観光も少ししようと思います。

恒例の「ヴァッシュサロン」

まずは下着の洗濯に行きます。
デュッセルドルフ滞在時からお世話になっている「ヴァッシュサロン」に行きます。
20150604_001

洗い終わるまでの間、近くの喫茶店でコーヒーをいただきます。

乾燥終了後、ネットカフェに行きます。
銀行の口座残高がどのくらいになっているかを確認します。
予想より減っています。

コペンハーゲンからフランクフルトまでの飛行機代(ベルリン・エアー)が意外と高かったためです。
すっかりユーロ建てだと思い込んでいましたが、ポンド建てでした(マヌケめ)。
結果、1.5倍くらいの支出になってしまいました。

本日の宿

そのあと、ホテルにチェックインします。
20150604_004

フロントのお兄さんに、
『近くにスーパーマーケットありませんか?』
と聞いてスーパーに行き、昼食を購入します。

20150604_003

部屋で昼食後、ハンブルク市内の観光に出掛けます。
本日泊まるのは、結構さびれた地域にあるホテルのようです。
開発中の空き地がたくさんあります。
20150604_005

片側5車線の広大な道路に掛かる歩道橋から撮影。
20150604_006
今日はいい天気です。

ハンブルク博物館

まずは、「ハンブルク博物館」に行きます。
20150604_007

ホテルから博物館に到着するまで、バスで一時間くらい掛かりました。
ハンブルクでは、バスが予定時間から大幅に遅れて到着する事が多いように感じました。
次回からは、地下鉄や電車をメインにして移動した方が良いかもしれません。
三時半到着で、五時閉館と、閉館時間まであまり時間がなくなってしまいました。

入場料は9ユーロです。
入場に際し、バックパックなどはロッカーに預けなければいけません。
ロッカーの施錠には1ユーロ必要ですが、終了後に返却されます。

「ハンザ同盟」の歴史を見ることができます。
蒸気船の甲板やキャビンがそのまま展示してあったり、
20150604_009

貿易港の歴史が伝わってくるような品々が多数展示されています。
20150604_010

解説もドイツ語と英語の併記があり、良心的です。

聖ミカエル教会

閉館時間が近付いてきたので、次の目的地、聖ミカエル教会に行きます。
20150604_011

高さ132メートルの市内を一望できる展望台を備えた教会です。
(出展:仮想旅
今日は珍しく良い天気なので、高いところに登らない手はありません。

入場料5ユーロを支払います。
エレベータで展望台へ。
エレベータがあるなんて教会らしくありませんが、まあいいでしょう。
なかなかの絶景です。
20150604_012

20150604_013

20150604_014

20150604_015

20150604_016

20150604_017

20150604_018

しかし、見渡せる範囲では太陽光パネルを備えた高層ビルは見当たりません。
ハンブルクは再生エネルギーにあまり興味が無い町なのかもしれません。

帰りは階段で降りました。
20150604_019

途中、巨大な鐘を内部から見ることができます。
20150604_020
こんなのを隣で聴いたら鼓膜が破けそうです。

途中、階段ですれ違ったカップルの女性の方が半泣き状態でした。
あまりもの階段の長さに足が悲鳴を上げていたのかもしれません。
あの人は登りきれたのかどうか、いまもって謎です。

行きも通った歩道橋を渡って、ホテルに戻ります。
東京ほどではありませんが、けっこうな渋滞です。
20150604_021

以下が昼の写真。
20150604_006

交通量を減らす都市計画が必要です。
大丈夫か、ハンブルグ。

夕食を食べに旧市街を目指しましたが、バスが全く来ません。
結局、八時からのskypeの予定をキャンセルせざるを得ませんでした。
夕食は、ベトナム料理店でフォーを食べました。

ホテルへの帰り際、スーパーマーケット「REWE」で、次の滞在先で使えそうな食材をいくつか購入します。
ホテルに戻り、寝ます。